長野県 富士見町
   甲州街道そばに建つ古民家と広い土地

お問い合わせ

販売価格:250万円   物件番号:A15856H


物件正面画像
物件間取り図

▲間取り図(クリック拡大)



所在地長野県 富士見町 
種別古民家
地目宅地、畑、田、山林
地勢平坦地
土地面積6303.78㎡  (1906.89坪)
建物面積102.04㎡  (30.86坪)
建物木造亜鉛メッキ鋼板葺平家建
築年不詳
道路東側が幅約2.4mの舗装公道に接する
都市計画区域内 非線引区域
用途地域無指定地域
法令農地法
建ぺい率60%
容積率200%
設備電気、公営水道、汲み取り(公共下水接続可)、PG
交通中央本線富士見駅より約2.6km、中央道小淵沢ICより約9km
生活Jマートへ約3.8km、最寄商店へ約80m、富士見高原病院へ約3.2km、小学校へ約800m、役場へ約3.1km、道の駅「蔦木宿」へ約5km
取引態様媒介
備考全面リフォーム要 富士見町空き家改修費補助金制度(一定要件あり) https://www.town.fujimi.lg.jp/page/akiya-hozyo.html
その他新規就農の下限面積は3000m2 ※分割販売相談可能 宅地454.78平米(137.57坪)畑4筆990平米(299.48坪)田3筆2434平米(736.29坪)山林2425平米(733.56坪)

用語説明はこちら

周辺地図の精度に関して
地域によっては周辺地図における物件・土地の位置が、広範囲になっています。


言わずと知れた国道20号は、古くより甲州街道として街道は栄え、旧道には古き趣きある佇まいの建物が数多く残る。物件は道の駅「蔦木宿」から、諏訪方面へ約5km、急坂でせり上がる瀬沢集落の入口、ヘアピンカーブで上る国道の脇にある古民家。カマドが残る昭和初期と推定される建物は、そのままでは使用できず大幅な改装が必要。国道に近い立地を活かして、沿道にのぼり旗を建てれば目立ちそうなので、石窯ピザやパン工房などに改装したらどうだろうか。飛び地で約733坪の山林(傾斜地)や約736坪の田んぼ(現況は原野)などがあり、自家製小麦の栽培など、農地法がクリアできれば夢が広がりそうな物件である。売主はすべての土地の売却を希望いているが、分割販売についても相談はできる。

物件・土地の詳細写真    (※クリック拡大・縮小)

15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H
15856H

物件について電話でお問い合わせする

03-3351-5601

物件番号:A15856H
提供元:ふるさと情報館

物件についてメールでお問い合わせする

お問い合わせはこちら

物件について電話でお問い合わせする

03-3351-5601

物件番号:A15856H
提供元:ふるさと情報館

物件についてメールでお問い合わせする

お問い合わせはこちら